メニュー

コラム

「高齢社会における資産形成・管理」を読み解く

カテゴリ: コンシェルジュ通信 公開日:2019年06月10日(月)
高齢社会の資産形成と管理

2019年6月3日、金融審議会「市場ワーキング・グループ」は、「高齢社会における資産形成・管理」を金融庁が公表しました。その公表がされると直ちに「老後は2000万円の貯金が必要」、「年金では老後資金は不足するので自助努力を求める」などのこの公表を受けて批判的であったり、過激な意見がネットニュースなどで飛び交いました。

今回は、この「高齢社会における資産形成・管理」を読み解いてみたいと思います。

豊かな人生のために「金時持ち」を目指そう!

カテゴリ: コンシェルジュ通信 公開日:2019年05月29日(水)
concierge 5a

人生100年時代が強調されるようになり、将来への不安や税・社会保障費の負担増で、これからの家計をどうやりくりしていくかは、私たち生活者の共通の課題です。10月の消費税増税も実施まで秒読み段階に入りました。家計の負担増と聞くと、「節約」「貯蓄」というように、まずは「お金」のことを考えてしまいますが、今回は、人生の中で「お金」以外にも大切な、「時間」について考えてみましょう。

平成30年住宅・土地統計調査が公表、首都圏集中と空き家増加が浮き彫りに

カテゴリ: コンシェルジュ通信 公開日:2019年05月07日(火)
住宅・土地統計調査が公表

総務省より、平成30年住宅・土地統計調査の結果が公表されました。この、 住宅・土地統計調査は、住宅や土地の利用状況を把握し、住生活関連の施策に活かすために、5年ごとに調査を実施しています。今回は、この調査結果について少し触れたいと思います。

人生100年時代と人生会議

カテゴリ: コンシェルジュ通信 公開日:2019年01月22日(火)
consierge 3

人生100年時代と言われる昨今、「平均寿命」と「平均余命」の違いから、予想以上に人生が長いのは周知の事実です。老後をどう生きるかは、心身共に自由な期間と、心身ともに緩やかに衰えを感じながら過ごす期間の両方を考える必要があるでしょう。そして、さらには、介護状態や終末期医療など、避けては通れません。最近、医療や福祉の現場で、(ACP:アドバンス・ケア・プランニング)という言葉がよくつかわれています。

不確実性が高まる時代、顧問FPを持つことが重要に

カテゴリ: コンシェルジュ通信 公開日:2019年01月01日(火)
concierge 2

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 

2019年5月1日から新元号に変わります。平成30年間を振り返り、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。私たちは、仕事柄、経済に関する事柄がすぐに頭に浮かびました。バブル崩壊、金融機関の破たん、ITバブル、ライブドア事件、リーマンショック、アベノミクス、仮想通貨ブームなどです。株価・地価などの資産価値で考えると、急降下からなべ底が続き、アベノミクス以降、上昇傾向という印象です。

夫婦FPが親身になってサポートいたします。お気軽にお申込・お問合せください。

Copyright©FPオフィス Life & Financial ClinicAll Rights Reserved. login