投資スタイル診断テスト

▲TOPへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資スタイル診断テスト

一体、自分にはどんな金融商品の組み合わせがいいんだろう…。
どこまでリスクのある商品を選んだらいんだろう…。
そんなことを考える参考として、この投資スタイル診断テストをやってみて下さい。

<診断の方法>
@Q1〜8の質問に答えて下さい
A[診断]ボタンをクリック(1回)して下さい
Bあなたの「投資タイプ」が表示されますので、[投資タイプ]ボタンをクリック(1回)して下さい

※ブラウザの種類によっては、正常に動作しません。(Microsoft Internet Explorer 4.0以上)
※JavaScriptを使用していますので、ブラウザの設定で「スクリプトを有効」にして下さい。

Q1.あなたの年齢は?
 a.31歳未満                             b.31歳以上41歳未満                        c.41歳以上51歳未満                        d.51歳以上61歳未満                        e.61歳以上                           
Q2.あなたの年収の安定度は?
 a.安定している                            b.安定していない                           c.なんともいえない                        
Q3.貯蓄について熱心に研究するほうですか?
 a.定期的にマネー雑誌などを読んで検討している。            b.雑誌などにマネー欄が載っていると、読んだりする。          c.あまり情報収集などしない方である。               
Q4.今の貯蓄額はどのくらいですか?
 a.ほとんどない、もしくは、1ヶ月分程度の生活費ならある。       b.2〜6ヶ月相当の生活費ならある。                  c.7〜12ヶ月相当の生活費ならある。                  d.1年以上の生活費が十分ある。                  
Q5.どのような目的で貯蓄をしようと思いますか?
 a.5年以内に必要なもの(レジャーや結婚資金など)           b.5年から11年の間(住宅購入の頭金など)               c.11年から15年の間(お子様の教育費など)               d.最低15年たたないと必要ではないもの                  (老後の生活費や長期的な資産形成など)
Q6.今までどんな金融商品に投資したことがありますか?
 a.これまで一度も証券会社の商品を買ったことがない。          b.MMF、中期国債ファンド、金貯蓄、国債や利付金融債なら         買ったことがある。  c.個別株式は買ったことはないが、ファンドや外貨建債券まで         なら買ったことがある。  d.株式売買の経験がある。                     
Q7.投資リスク(価格変動)についてどう思いますか?
 a.価格変動がとても心配なので、                      元本や利率が約束されていないといやだ。  b.はっきりと利率が約束されていなくてもリスクが低いものであれば     (MMFや公社債投信など)、少しでも有利なものの方が良いと思う。  c.2〜3年くらいの間でいい利率になれば良いと思うので、          ある程度の価格変動はしょうがない。  d.長期的(5年以上)な投資を心がけているので、たとえ20%以上       値下がりしても気にしない方が良いと思う。
Q8.今、100万円持っています。    10年後にはどうなっているかわかりませんが、これまでの    実績からおよその最高・最低が予想できたとします。    あなたなら、どの商品を選びますか?
 a.最高値…931万円(年率25%の利回り)                最低値… 35万円(年率マイナス10%の利回り)  b.最高値…259万円(年率10%の利回り)                最低値… 60万円(年率マイナス5%の利回り)  c.最高値…134万円(年率3%の利回り)                 最低値… 90万円(年率マイナス1%の利回り)  d.最高値…110万円(年率1%の利回り)                 最低値…100万円(元本保証)
               
あなたの投資家指数は、です。(最高値100)※指数が高いほど、リスク許容度が高いと言えます。 あなたの投資タイプは、です。 あなたの「投資タイプ」を選択してください。    

[HOME]へ戻る