▲TOPへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

介護で困らないために〜押さえておきたい介護のポイント(第1回)

介護は誰にでも起こる身近なリスク!〜介護をとりまく現状〜

はじめに

 介護というと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?今、ご両親の介護に直面している方、将来、ご自分や配偶者の介護について不安をお持ちの方、まだ先のことだけれど、一人っ子なので親の介護が心配、という方など、いろいろな立場の方がいらっしゃると思います。このシリーズでは、介護をとりまく現状や介護保険の仕組み、介護にかかる費用や準備の方法・考え方などをお伝えいたします。今回は、第1回目として、介護をとりまく現状についてご紹介します。

 

  ●第1回 介護は誰にでも起こりうる身近なリスク!〜介護を取り巻く現状について〜(今回)

  ●第2回 介護保険のしくみと利用するための手続き

  ●第3回 介護保険で利用できるサービス(在宅サービス)

  ●第4回 介護保険で利用できるサービス(施設サービス)

  ●第5回 介護に必要な用具や住宅の改修

  ●第6回 民間会社の介護サービスや便利家電を活用する

  ●第7回 介護にかかるお金と公的介護保険

  ●第8回 介護にかかるお金の準備の仕方

  ●第9回 介護をする人のライフプラン

  ●第10回 介護を防ぐ方法

  ●第11回 介護が必要な人の資産などを守る

  ●第12回 まとめ〜賢く介護を乗り切るために(介護家系図作成のすすめ)

 

 

少子高齢社会

 現在、日本人の平均寿命は、男性が約79歳、女性が約86歳と、世界に類を見ない長寿国となりました。ご夫婦揃って90歳以上、という方も少なくありません。長生きできることは喜ばしいことなのですが、その一方で出生率の低下により、15歳以上の労働者人口が減少傾向にある、ということが社会問題となっています。例えば、人口に占める高齢者(65歳以上)の割合は、2005年は約20%でしたが、2030年には約32%、2055年には約40%と、急激に増えることが予想されています。少ない人数で高齢者にかかる費用を支えなくてはならないので、年金や医療、介護といった社会保障制度全体を見直す必要も出てきています。

 

 

 

介護が必要となる確率とそのきっかけは?

 高齢になると、介護が必要(要介護)となる確率も高くなります。生命保険文化センターの試算によると、要介護状態になる人は60代ではまだあまり多くいませんが、70〜74歳になると6.2%、75〜79歳は13.8%と少しずつ増え始めます。80歳を過ぎると27.8%と3割近くなり、85歳以降は56.9%と半数以上の人が介護を要する状態となっています。

 

要支援・要介護認定者の発生率

 

要介護状態になる原因は様々ですが、年を取るにつれて徐々に寝たきりになるというよりも、「脳血管疾患」(脳梗塞など)で突然倒れてしまう人が23.3%、と最も多くなっています。また、徐々に進行するものでも、「認知症」のように体を動かすことができるのに介護が必要、というケースが14%います。この他、ある日突然、ケガや事故などで要介護状態になってしまう人もいます。

 

介護が必要となった主な原因の構成割合

 

 

介護をしてくれる人は誰?

 介護を必要とする人に対して、介護をしてくれる人は、どのような人なのでしょうか? 現在、介護を担っている人は、50代が最も多く、女性が約30%、男性は約25%となっています。50代の男性は、管理職などで仕事が忙しい人も多く、介護に従事することはかなり大変だと思います。50代の女性の場合、専業主婦の人も多いため、介護を担う割合が多いのかもしれません。60代・70代になると男女の差はあまりなく23%前後ですが、80代になると男性が介護をする割合が多くなっています。介護をする人自身が70代以上、いわゆる老老介護の状態にある家庭も、かなり多いということが伺えます。

 

主な介護者の年齢階級

 

 ところで、これまでは介護というと、配偶者(妻)や同居のお嫁さん(息子の配偶者)、息子や娘などが担うことが多かったと思います。けれども、これからはどうでしょうか。介護を要する人自身が独身だったり、お子さんがいないという場合もあります。また、妻が先に要介護状態になってしまったという人や、子供がいても子供自身が独身であるとか、共働き夫婦のためお嫁さんに介護を頼むことは難しいなど、さまざまな状況の人が増えています。もしも、あなたや身内の人が、突然要介護状態になってしまったら、どうしますか?

 

主な介護者と要介護者等との続柄と同居別の構成割合

 

介護は情報収集がカギ!

 介護は、自分や家族だけで乗り切ることはできません。自分たちで抱え込まずに、チームを組むことが大切です。どのような支援サービスを受けられるのか、専門職はどのような人がいるのか、など支えてくれる人には、どんなことができるのか、かかる時間や費用はどれくらいなのか、情報を集めて整理をし、ケアプランをライフプランやマネープランと一緒に考えていくことが大切です。

 

 LFCでは、介護される側、介護する側の両方の視点で、ライフプランとマネープランを考えながら、介護を含めた安心したセカンドライフづくりのお手伝いと、その計画を実行するお手伝いをしています。

【参考:LFCのライフプラン総合診断

 

TOPページに戻る】   【第2回:介護保険のしくみと利用するための手続き

 

※本コラムは、警視庁機関紙「自警」(平成23年4月号)に寄稿したものを一部加筆・修正したものです。

 

LFCの相談メニュー

トライアル相談ライフプラン総合診断(家計の点検)セカンドライフ相談金融資産運用相談保険の見直し相談住宅購入資金相談教育資金相談キャリア・カウンセリング独立・起業相談

FP相談メニューの一覧お問合せ、FP相談申込み